2006年03月17日

毛皮豆知識-お手入れと保管方法-

せっかくの高級毛皮です。長くお召しいただくためには、お手入れが欠かせません。といっても、そんなに難しいわけではなく、ポイントをおさえて、ちょっとしたお手入れを続けていただくだけで、お気に入りの毛皮を良いコンディションで長く着ることができます。

*着用後はホコリを落とす
毛皮の寿命は素材の品質とも関係しますが、着方や毎日のお手入れ、保管方法が大きく影響します。
”帰宅したら、まずホコリを落としましょう!”
ホコリを吸着させたままにしておくと「抜け毛」の原因になります。
後身頃を前に両袖に手を通し、軽く前後に数回振るだけです。これでホコリが落ちしかも毛皮にこもった”体温”や”湿気”を取り除くことができます。

*保管のポイントは4つ
自宅で毛皮を保管するときの注意ポイントは
1.湿気 2.温度 3.光線 4.ホコリ
の4点です。
光線を避け、カビが生じやすい高温多湿の梅雨時から夏にかけては、特に気をつけましょう。
半年もすると光線が当たっていた部分だけが変色を起こすことがあります。ホコリ対策は通気性の良いカバーで。黒っぽい色なら光線対策も兼ねます。

*クリーニングの相談は購入店へ
襟元や袖口の汚れは、ぬるま湯で固く絞ったタオルでトントン叩くように落とします。
毛先もタオルで軽く拭いた後、金櫛などで毛並みを整えます。金櫛ならば静電気が起きず、毛が絡み合いません。こうしてホコリと汚れを落としたら3〜4時間陰干しします。
また、ご自分で出来るお手入れとは別に、1〜2年に一度は専門店でのクリーニングをお勧めします。毛皮のクリーニングは”パウダークリーニング”という特殊なものです。信頼できる専門のクリーニング店がわからない場合は、購入店に相談しましょう。
(アフターケアのしっかりしている専門店でお求めいただくようおすすめいたします。)
>>さらに詳しいお手入れの方法
posted by 高級毛皮の Fur Boutique☆.。.:*・° at 00:39| 毛皮のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。